ショップサーブからのお知らせ


 ■ 2023年06月21日(水)  サービスアップデートのお知らせ 6月
1メインテナンスの予告

ショップサーブのメインテナンス
次回:
2023年7月19日(水)午前2:00〜午前8:00予定

2お店運営に影響する事項のご案内
貴店担当者の連絡先を管理画面で確認できるようになりました
貴店をよく知る担当者がより貴店に合ったご案内をします
貴店担当者の電話番号とメールアドレスが管理画面トップの右上に表示されるようになりました。
今後、ご不明な点、売上相談、今までストアーデスクに問い合わせていた内容まで、すべて貴店の担当者へお問い合わせください。担当者は貴店の状況をよく知っているため毎回同じ説明をする必要がなく、また、より貴店に合ったご回答、ご提案をする事ができます。すべての店舗さんにもれなく担当はついています。
また、担当者はチームで貴店をサポートしていますので、担当者に繋がらない時は担当者の下に表示されているサポートチームメンバーのいずれかにご連絡ください。担当者と共有している情報から、貴店に合ったご案内をいたします。

▼管理画面トップの右上で貴店の担当者とその連絡先を確認できます


▼貴店担当者に繋がらない時はサポートチームメンバーがご案内いたします


▼メールアドレスも確認できます


対象
ショップサーブを利用するすべての店舗さん
注意事項
旧デザインの管理画面をご利用の場合はデザインが異なりますが、同様の内容をご確認いただけます。

WordPressのMySQLをバージョンアップします 9月20日(水)予定
利用しているテーマ・プラグインの動作を確認してください
WordPressのMySQLバージョンアップを実施します。利用しているテーマ・プラグインがMySQLのバージョン「8.0.32」で動作するか確認してください。
■バージョンアップ予定日:9月20日(水)
■バージョンアップの内容:MySQLをバージョン 「5.7.40」から「8.0.32」にします

確認、修正作業は、システムを改修する技術担当者様、もしくはシステムの提供会社にてご確認ください。ご不明な場合は、お気軽に当社までご相談ください。
対象
Wordpressオプションを利用している場合
機能追加のお知らせ
6月1日リリース分
ストレージ制限の撤廃
昨今のコンテンツ増大にあわせ、ショップサーブのストレージ制限を6月1日より撤廃し、ストレージ容量を気にせずご利用いただけるようになりました。これまでのように、不要なファイルの削除による容量維持の手間が不要になりました。
また、月次料金に含まれるストレージ上限を10GBに拡大しました(または現在ご利用戴いている容量まで無償)。なお、これを超えるぶんについては、次の10GB刻みの超過より、10GBごと400円(税別月額)でご利用いただけます。
マニュアル
ストレージ利用容量の確認方法
https://help.shopserve.jp/manual/203/#03-2
注意事項
超過料金はご利用料金レポートにてご確認いただけます

7月19日リリース予定分
店舗受け取りができるようになります
配送の制約を受ける事なく商品を販売できるようになります
店舗さんは商品を配送せず、購入者は実店舗へ赴いて直接受け取る事を選択できるようになります。購入者は配送を気にする事なく、家の近くや通勤・通学の帰り道にある店舗で自分の都合の良いタイミングに商品を受け取れるため、購入機会が拡大します。
また、店舗としてもケーキのような配送が難しい商品や、冷蔵おせちのような配送地域が限られる商品も配送の制約を受けないため、ECで販売する事ができるようになります。さらに商品引き取り時に来店していただく事で、実店舗への送客効果が見込め、ついで買いを期待できます。
注意事項
・店舗受け取り機能を利用すると注文確認メールの内容が一部変更になります。
 外部連携ツールなどで利用している場合は注意が必要です。詳細はお問い合わせください。
・店舗受け取り機能のリリースに伴い、注文に関するAPIを追加、更新を予定しています。
機能の活用 (第4回)
販売機会の損失を防ぐ「カートリカバリー」
今年2月のCRM機能の標準実装により「カートリカバリー(カゴ落ちメール送信)」を実施できるようになっております。カートリカバリーとは商品をショッピングカートに入れたまま離脱した会員へメールを送信し、買い忘れをリマインドする施策です。

最大で約5%売上向上、あらゆる店舗さんで実施すべき
商材ジャンルに関わらず平均で約2%売上向上に寄与しており、ある店舗さんでは約5%に達しています。
また、「カートリカバリー」メールがお客さんに不快感を与えないか心配する向きもありますが、40,000人以上の会員を抱えるある店舗さんではお叱りの連絡は全くなく、「カートリカバリー」に起因すると思われる退会もわずか2件でした。そのため、あらゆる店舗さんで実施すべきと言えます。


店舗さんの負担無し
設定すれば、カゴ落ちした会員へ次々と自動で送信するうえ、購入直前まで至っている購入確度の高いお客さんへ向けた施策であるため、店舗さんのリソースをほとんど使わずに効果を上げられます。

実施のポイント
実施中の店舗さんのほとんどは、3時間後、24時間後、など時間をおいて2〜3回送っています。3回送信している店舗さんの「カートリカバリー」メールの売上内訳を確認すると、1回目からの売上が約50%、2回目が約35%、3回目が約15%となっています。2回目3回目がなければ「カートリカバリー」メールの効果は半分に過ぎないため、1回だけでは不十分と言えます。よって3回送信を推奨します。

実施のポイント
ある店舗さんで「100円OFF」クーポンをつけたところ、コンバージョン率が3.7%から5.8%に向上しました。ほんのわずかでもなんらかの特典を付けた方がより良い成果が出やすくなります。

実施のポイント
配信タイミングやメールの内容を見直し、改善していく事が重要です。メールの件名を「カートの中に商品が残っています」から「お買い忘れはございませんか?在庫がなくなる前にご確認ください」に変更しただけで、コンバージョン率が11%向上した事例もあります。


実施のご相談は貴店の担当へご連絡ください。
管理画面トップの右上をご覧いただければ、貴店担当者の名前と連絡先をご確認いただけます。
注意事項
同じメールアドレスが登録された会員IDが複数あると正しく送信できない場合があるため、会員情報の統合を推奨します。
必要な対応
・CRM > 注意事項 より証明書付TLSセンドグリッドメールの利用を開始する
・CRM よりCRMメニューの利用を開始する
・お店設定 > 会員機能 > 会員情報の統合 から統合する
マニュアル
3-3 顧客の状態に合わせてメールを自動送信する(発送日から〇日後に送信 etc.)https://help.shopserve.jp/manual/258/#03-3

2006年02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2019年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2020年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2021年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2022年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2023年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月