ショップサーブからのお知らせ


 ■ 2023年07月19日(水)  サービスアップデートのお知らせ 7月
1メインテナンスの予告

ショップサーブのメインテナンス
次回:
2023年8月16日(水)午前2:00〜午前8:00予定

2お店運営に影響する事項のご案内
夏季休業期間の窓口対応について
夏季休業期間中にお問い合わせいただいたご質問は、8月16日(水)より順次対応します。


夏季休業期間中に障害が発生した際は、管理画面でお知らせします。


夏季休業期間中は、一部の決済やドメイン申請などのスケジュールが変わります
夏季休業期間中は、一部の決済やドメイン申請などのスケジュールが変わります。
なお、すべての決済代行サービスの決済処理は、通常通りのスケジュールでご利用いただけます。

1.決済代行の新規お申し込み審査について
審査機関の休業に伴い、通常より審査に時間を要する可能性があります。




2.ドメイン移転・取得について
属性型JPドメインのみ、通常よりドメインの移転・新規取得に時間を要する可能性があります。




3.常時SSLの新規お申し込み審査について
発行機関の休業に伴い、SSL証明書の取得審査が、通常よりも時間を要する可能性があります。



機能追加のお知らせ
7月19日リリース分
店舗受け取りができるようになりました
配送の制約を受ける事なく商品を販売できるようになりました
店舗さんは商品を配送せず、購入者は実店舗へ赴いて直接受け取る事を選択できるようになりました。
購入者は配送を気にする事なく、家の近くや通勤・通学の帰り道にある店舗で自分の都合の良いタイミングに商品を受け取れるため、購入機会が拡大します。
また、店舗としてもケーキのような配送が難しい商品や、冷蔵おせちのような配送地域が限られる商品も配送の制約を受けないため、ECで販売する事ができるようになります。さらに商品引き取り時に来店していただく事で、実店舗への送客効果が見込め、ついで買いを期待できます。
注意事項
・店舗受け取り機能を利用すると注文確認メールの内容が一部変更になります。
 外部連携ツールなどで利用している場合は注意が必要です。詳細はお問い合わせください。
・店舗受け取り機能のリリースに伴い、注文に関するAPIを追加、更新を予定しています。
必要な対応
・お店設定 > ショッピングカート > お届け先設定 で「店舗受け取りの利用可」にチェック
・お店運営 > 実店舗管理 > 実店舗一覧 で引き渡し可能な実店舗の情報を登録
・お店運営 > 商品管理 > 商品台帳 で商品情報に受け取り可能な店舗を設定
マニュアル
実店舗で注文者が受け取りできるようにする
https://help.shopserve.jp/manual/260/
機能の活用 (第5回)
CRM機能で休眠顧客の掘り起こし
一定期間リピート購入していないお客様を「休眠顧客」と呼びますが、この「休眠顧客」を再びお店に呼び戻す施策をCRM機能を使って行う事ができます。今回はその施策を実施したある店舗さんの事例をご紹介いたします。

背景
こちらの事例の店舗さんは毎年繁忙期にリピート注文が集中します。しかし一方で会員登録していてもリピートしないお客様や、会員登録せずに購入するリピートしづらいお客様もおり、そういったお客様のリストが蓄積していました。
そこで、休眠したままでリピートしないお客様のリストをそのまま抱えていても意味がないので活用しようとお考えになり、1年で最も購入動機が高まる時期を利用して「休眠顧客」の掘り起こしを実施されました。


施策
・今年に入ってから購入していない顧客を「休眠顧客」と定義
・「休眠顧客」に対して、先行予約の案内メールを一斉送信
・送信タイミングは繁忙期前。間を10日間空けて2回送信
・クーポンを付与。内容は「送信日から10日間有効。全品5%オフ」


目的
1.今年に入ってから購入していない会員の購入促進
2.今年に入ってから購入していない非会員の購入促進、および会員登録の促進


送信タイミング
Googleアナリティクスの分析から、お客様のアクセスが多いのは火曜日、土曜日の午前中と把握。以下のタイミングで送信。
-----------------------------------------------
 1通目:土曜日9:00
 2通目:10日後の月曜日9:00
-----------------------------------------------
クーポン期限を10日間としたのは、期限内にもう一度アクセスが多い土曜日を入れるため。また年配者が多いため期限終了間際に問い合わせが増える事が予想されるが、土日だと対応しきれない可能性があったため2通目の期限終了が平日となるよう考慮した。


結果
・本施策による売上:約100万円
・新規会員の獲得 :27件
・発生した経費  :CRMメール利用料2,000円+税

そのままでは売上が発生する可能性が低かった顧客リストを活用して、27件の新規会員の獲得と約100万円の売上を生み出し、上積みする事に成功しました。休眠顧客リストはそのままでは売上を生み出す事はありませんが、お店に対するロイヤリティーが高い優良リストであるため積極的に活用すべきであると言えます。


実施のご相談は貴社の担当へご連絡ください。
管理画面トップの右上をご覧いただければ、貴店担当者の名前と連絡先をご確認いただけます。
注意事項
同じメールアドレスが登録された会員IDが複数あると正しく送信できない場合があるため、会員情報の統合を推奨します。
必要な対応
・CRM > 注意事項 より証明書付TLSセンドグリッドメールの利用を開始する
・CRM よりCRMメニューの利用を開始する
・お店設定 > 会員機能 > 会員情報の統合 から統合する
マニュアル
3-1 指定日時に同じ内容を一斉にメールを送信する(メルマガ発行 etc.)
https://help.shopserve.jp/manual/258/#03-1

2006年02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2019年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2020年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2021年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2022年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2023年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2024年01月 02月 03月