ショップサーブからのお知らせ


 ■ 2023年10月18日(水)  サービスアップデートのお知らせ 10月
1メインテナンスの予告

ショップサーブのメインテナンス
年末商戦繁忙期のため、10月18日(水)に年内最後のメインテナンスを実施しました。
次回は、年明けの「2024年1月17日(水)午前2:00〜午前8:00予定」です。

2お店運営に影響する事項のご案内
WordPressのMySQLをバージョンアップしました 10月18日(水)
利用しているテーマ・プラグインの動作を確認してください
WordPressのMySQLのバージョンアップを実施しました。利用しているテーマ・プラグインがMySQLのバージョン「8.0」で動作しているか確認してください。

■バージョンアップ実施日:10月18日(水)
■バージョンアップの内容:MySQLをバージョン 「5.7.40」から「8.0」にしました

確認、修正作業は、システムを改修する技術担当者様、もしくはシステムの提供会社にてご確認ください。ご不明な場合は、お気軽に当社までご相談ください。

対象
Wordpressオプションを利用している場合

店舗メールのメインテナンスを実施します 10月29日(日)予定
メールソフトの設定を再確認してください
以下の日程で店舗メールのメインテナンスを実施します。予定時間帯のうち5分ほど「環境設定」画面をご利用いただけませんので、あらかじめご了承ください。また、メインテナンス前は誤ったメールソフト設定「メールサーバー:mail.aams4.jp」でも送受信を行えますが、メインテナンス後はできなくなります。メールソフトの自動入力機能により誤った設定のまま利用されているケースが散見されますが、「メールサーバー:mail.sps.shopserve.jp」が正しい設定であるため、今一度メールソフトの設定をご確認ください。

■実施日時:10月29日(日) 午前2:00〜午前8:00(このうち5分程度)
■影響内容:「環境設定」にログインできない(メール送受信はご利用いただけます)
■注意事項:メールソフトの自動機能により設定が誤っている場合は送受信できなくなる

      正)mail.sps.shopserve.jp
      誤)mail.aams4.jp

対象
すべての店舗さん
機能追加のお知らせ
10月18日リリース分
複数パターンの送料設定を作成できるようになりました
設定の幅が広がり、商品ごとに分けて送料計算を設定できるようになりました
現在は1パターンのみである送料設定を複数作成し、商品ごとに異なる送料設定を適用する事ができるようになりました。これにより、商品によって配送拠点が異なったり配送会社を使い分けたり、複数のメール便を使い分けたりしている場合も正しい送料を計算できるようになりました。また、送料パターンごとに「あと○円で送料無料」を設定できるため、冷凍商品、冷蔵商品、常温商品で送料パターンを分ければ、温度帯ごとに正しく「あと○円で送料無料」を表示できます。
マニュアル
送料を設定する方法
https://help.shopserve.jp/manual/066/

会員登録や問い合わせフォームのスパム投稿を防げるようになりました
煩わしい通知やメールが無くなり、店舗運営しやすくなります
従来は会員登録フォームや問い合わせフォームにアクセス制限がないため、自動プログラムによるスパム投稿を防ぐ事ができませんでしたが、Google が提供する認証システム「reCAPTCHA」を導入し設定を行う事で、防げるようになりました。「reCAPTCHA」は投稿者が人間かどうかをスコア付けするため、スコアが一定以上の投稿のみ受け付けるようにする事で、自動プログラムによるスパム投稿を防ぎます。スコア判定はバックグラウンドで行われるため、お客様は今まで通り利用でき、余分な操作は必要ありません。
対象
会員機能や問い合わせフォームを利用している場合
注意事項
別途、Googleと「reCAPTCHA」の契約をする必要があります
マニュアル
会員登録や問い合わせフォームのスパム投稿を防ぐ
https://help.shopserve.jp/manual/261/
機能の活用 (第8回)
リピーター育成の定番「セカンドアップメール」
リピーター、ひいてはロイヤルカスタマーの育成は自社EC成功の重要な鍵ですが、2度目の来店&購入を促し、記憶を確実にするために初回購入フォローを行うのが「セカンドアップメール」です。初回購入フォローを行う事でお客さんは記憶に残るので再来店、再購入しやすくなり、顧客の獲得コストが半減しLTVがあがるため、利益を出しやすくなります。今回は詳細な顧客分析からシナリオを設計し、CRM機能を活用してF2転換率を引き上げる施策を実施したある店舗さんの事例をご紹介いたします。

店舗の状況
こちらの店舗さんは売上金額の70%以上がリピート購入という、リピート購入が特に重要なビジネスモデルです。よって、より多くのリピーターを獲得、育成していくために、当社の担当者と協力して様々な角度から顧客を分析しました。そのうえで初回購入フォローのメールを送信するシナリオを作成、CRM機能を利用して配信しました。

顧客分析の結果(抜粋)
・リピーターが全体の約50%
・リピーターのうち50%が60日以内に次回購入に引き上がっている。
 90日以内でみれば60%に達する
・サイト内検索キーワードやレビューから商品の強みを特定
・朝10時が最も購入意欲が高い


分析結果を元に立てた仮説
・他社商品も併用し、リピーターは比較した結果再購入している
・リピートされないのは商品の強みが伝わっていないため
・注文者の属性から行動パターンを考慮すると注文者は朝遅い時間が最も余裕がある


ターゲット
購入回数が1回のみの購入者

目的
購入回数を2回目購入へ引き上げる

施策
・計5回メール配信
 (初回注文の5日後、20日後、40日後、60日後、80日後)
・メール配信タイミングによって購入者の心情が異なる事を考慮し、それぞれ異なる内容を用意
 (商品が手元にある/ない、利用前/後、購入した事を忘れている時期、強みの訴求方法など)
・配信時間は朝10時
・100円OFFクーポンの付与

特典
100円OFFクーポン

結果
2回目購入引き上げの確率が前年同時期と比べ、約5%上昇しました。これをこの店舗さんのLTVと照らし合わせると、200万円以上の売上見込み創出に成功した事になります。

通常、何もしなければ再購入しないお客さんは90%以上と言われていますが、CRM機能を活用して初回購入フォローを自動化する事により、リピーター育成を実現できるようになりました。


実施のご相談は貴社の担当へご連絡ください。
管理画面トップの右上をご覧いただければ、貴店担当者の名前と連絡先をご確認いただけます。
注意事項
同じメールアドレスが登録された会員IDが複数あると正しく送信できない場合があるため、会員情報の統合を推奨します。
必要な対応
・CRM > 注意事項 より証明書付TLSセンドグリッドメールの利用を開始する
・CRM よりCRMメニューの利用を開始する
・お店設定 > 会員機能 > 会員情報の統合 から統合する
マニュアル
3-3 顧客の状態に合わせてメールを自動送信する(発送日から〇日後に送信 etc.)
https://help.shopserve.jp/manual/258/#03-3

2006年02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2019年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2020年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2021年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2022年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2023年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2024年01月 02月 03月 04月 05月